【大漁酒場 魚樽本店】

 特別な用があるわけではないけれど広島に来て、まあ飲み歩こうと思ってぶらぶらした。

 相も変わらず体は魚介を求めていたので、薬研堀にある「大漁酒場 魚樽本店」なる店に入ってみた。

絶妙に調理された魚介の旨み

 入店してカウンター席へ。北島三郎の「北の漁場」的な、漁をテーマにした演歌が流れている。

 ビールを注文。お通しが来る。

【大漁酒場 魚樽本店】お通し、バイ貝の煮付け

 お通しはバイ貝の煮付け。爪楊枝でのんびり貝の中身を穿り出しつつ、他の料理を待つ。

【大漁酒場 魚樽本店】ビールとエンガワユッケ

 ビールとエンガワユッケ。エンガワユッケは初めて食べたが、これはなかなかの珍味。エンガワのこくのある濃厚な味わいと、キムチ系のタレの味わいが互いの旨味を引き立て合っている。

【大漁酒場 魚樽本店】牡蠣の天ぷら

 牡蠣の天ぷら。広島に来たからにはせっかくなら。大粒の牡蠣が天ぷらにされることで旨味倍増だ。

 塩は藻塩と抹茶塩。天つゆにつけても、塩で食べてもおいしい。生姜の乗った大根おろしは天つゆに入れ、スープにして飲んでやった。

 もっといろいろ食べたくはあったが、まだ1軒目なのでこの辺で。適度な満足感を抱き、お会計をしてふらりまた夜の街へ出た。