【一丁亭】岩国市は周東町のラーメン屋さん

 久々に「一丁亭」で食べたくなった。

 それ以外に特に用事はないけれど、片道30分程度プチドライブして玖珂まで行った。

無化調ゆえに上質なコテコテのトロトロ

【一丁亭】岩国市は周東町のラーメン屋さん

 玖珂と書いたが正式には周東町―――岩国市周東町下久原にあるラーメン屋さんである。国道2号線沿いにあって、この店からもうちょっと上り方面に進むと玖珂町となるのだが、印象的には、あのあたり一帯が玖珂という感覚がある。

 到着したのは17:20。夜の部のオープンは17:30なので、それまでは車で待つ。そうしているとお店を開ける様子があったので、入店。

 まずは入口で食券購入。ラーメンは豚骨味噌とか豚骨魚介とかいろいろあるが、一番スタンダードな豚骨醤油の「一丁ラーメン」が最も好み。

 その一丁ラーメンにチャーシュートッピング。さらに半チャーハン+餃子セットにする。そうするとお値段としては¥1500を超えるので、ラーメン屋における一食の価格としてはなかなかになるが、どれも食べたいんだからしょうがない。

【一丁亭】チャーシューメン

 一丁チャーシューメン。油たっぷりスープ。コラーゲンっぽいものが膜を張っている。見た目もコテコテで事実コテコテだが、無化調だからだろうか、意外と胃もたれとかはしにくいように思う。

 チャーシューも脂身がトロトロになるまでやわらかく煮込まれている。このチャーシューがやや硬めの、小麦の風味豊かな細麺に実によく合うのである。チャーシューを綿に巻き付けるようにして口に放り込むと最高。

【一丁亭】餃子

 餃子。やや小ぶりだが肉や野菜、ニンニクの旨味がたっぷりと詰まっている。カリカリ、サクサクに焼かれていて風味もいい。ラー油だけつけて食べる。

【一丁亭】半チャーハン

 チャーハンもオイリー。角切りにされた存在感あるチャーシューがごろごろと入っている。そのまま食べてもおいしいし、餃子と一緒に食べたり、ラーメンのチャーシューと一緒に食べてもすばらしい。

 スープも残らず飲んで完食。大変に満足。最近はこちらの方面に来る用事がなかったのでご無沙汰だったが、別に何もなくたって食べに来てもいいな。