【鍋焼らうめん ひさし 仏壇通り店】広島で早朝までやっている鍋焼きラーメンのお店

 広島の飲み屋街には早朝といっていいほど遅くまで開いているラーメン屋も何軒かあるが、そのひとつ、「鍋焼らうめん ひさし 仏壇通り店」に入ってみた。

 歩いて数分の胡町にも系列店がある。人気のお店のようだ。

鍋に入った熱々ラーメン

【鍋焼らうめん ひさし 仏壇通り店】鍋焼きラーメン

 もうじき空が白み始めるであろう午前4時くらいに入店。結構客入りがある。こんな時間なのに…というより、こんな時間だからこそ行き場の限られた連中が集まってくるのだろう。

 注文したのは「鍋焼らうめん」と「ご飯」。ラーメンはその名の通り鍋焼きなので、熱々の鍋に入れられて出される。

 上に乗ってる白いものは大根おろし。ネギをかけ、大根おろしを箸で崩し、スープや麺に混ぜ合わせてから食べる。

 スープはやや白湯気味の鶏ガラに醤油をプラスしたもの(多分)。濃厚だが、大根おろしのおかげであっさりと食べられる。

 チャーシューは素朴でありつつも、脂身のしっかり乗った部位で旨し。麺は古き良き縮れ麺。

 麺を食べ終わった後はご飯をスープに投入。おじやにして食べる。おじや用のトッピングとして卵なども頼めるようだ。

 食べ終わってお腹いっぱい。お会計をして外に出ると、ちょうど夜が明け始めた頃であった。