【麺屋武一 広島本店】東京発の鶏白湯ラーメンを広島で

 濃厚な鶏白湯ラーメンが食べたい! というわけで、広島に最近できたらしい「麺屋武一 広島本店」へ行ってみた。東京の新橋に本店のあるラーメンチェーンのようだ。

 「新鮮な鶏をドロドロになるまで炊いた濃厚鶏白湯」「とことん鶏にこだわった」お店とのこと。

すばらしき鶏のコッテリさ

 お店があるのは広島市は中区立町。通りに看板が出ているがちょっと混乱する。隣接するらしい「罪なきらぁ麺」なるお店の入口っぽいものはあるが、「麺屋武一」の入口らしいものがどれなのかいまいち判然としない。

 案内をよく読むと、このお店、「罪なきらぁ麺」と同一店舗内の奥側にあるという。共同経営なのだろうか。とりあえず「罪なきらぁ麺」の入口に入り、奥へと進むと「麺屋武一」のコーナーとなった。

 まずは券売機で食券購入。「濃厚鶏白湯そば」と「とろ玉チャーシュー丼」を頼んだ。

 たまたま店内はすいていたからでもあろうが、それほど時間はかからずラーメンが届く。

【麺屋武一 広島本店】濃厚鶏白湯そば

 濃厚鶏白湯そば。鶏白湯ラーメンの王道となる塩味となる。

 その名に恥じず、スープは極めて濃厚。とにかくクリーミー。鶏油の風味と旨味がたっぷりだ。鶏油が入ったラーメンといえば家系だが、家系とはまた異なるコクと旨みに満ちている。

 肉団子も、チャーシューも鶏肉。チャーシューはロースハムのようなあっさり淡白なタイプ。スープがコテコテなので、これくらいでちょうどよし。

 ところでスープの中にふわふわゆらゆらと漂っている不思議なものがある。スープの油だのコラーゲンだのが固まったものかと錯覚したがさにあらず、それはメンマであり、長いメンマの片側にいくつもの切れ込みを入れる形で、紙のように薄くスライスしたものなのであった。コッテリスープをたっぷり吸い込んだこれがまた旨し。麺と一緒にガシガシ食べる。

【麺屋武一 広島本店】とろ玉チャーシュー丼

 こちらは「とろ玉チャーシュー丼」。食べやすいサイズに角切りされた鶏チャーシューとほぐされた半熟ゆで卵をご飯の上に乗せ、タレをかけている。

 そのままでもそれなりにおいしいが、スープをかけておじや風にするとすばらしいお味のコッテリおじやとなる。

 さて待ち時間や食後の時間で店内の案内等を見るに、こちらのお店、期間限定出店なのだそうである。

 もちろんこの期間限定出店においてマーケティングリサーチし、そののち本格的な出店もあるのかもしれないが、ひょっとしたらもう(広島では)食べられないかもしれない。来ておいてよかったと思った次第である。