【カレーの龍】昭和38年創業、小倉名物のカレー屋さん

 小倉に来たのでとりあえずぶらぶらした。

 ストリップ「A級小倉劇場」「小倉名画座」など、昭和のアングラ&レトロな香り残る施設が存在する界隈を歩き、ちょっとお腹が空いてきたなと思っていたら「カレーの龍」という看板が目に入った。

 事前に行ったインターネットでの下調べにて、小倉の名物飲食展のひとつとして名が上がっていたお店である。せっかくなので食べていくことにした。

めずらしい真っ黒カレーはどこか懐かしいお味

【カレーの龍】昭和38年創業、小倉名物のカレー屋さん。看板

 昭和38年創業とのこと。なかなかに歴史のあるお店のようだ。

【カレーの龍】昭和38年創業、小倉名物のカレー屋さん。メニュー

 メニューはシンプル。この度はカツカレーの大盛りにした。辛さは普通のままで。

【カレーの龍】昭和38年創業、小倉名物のカレー屋さん。黒いカツカレー

 届いたのがこちら。

 黒いカレーは案外まろやかであっさり。味付けノーマルなので辛さはそれほどでもないが、食べていてじんわり汗をかく程度ではある。肉はしっかりしたものをよく煮込んである。トロトロでうまし。

 トンカツはある意味硬派な薄めのもので、カレーの具としてむしろ最適なタイプであろう。

 斬新なようで懐かしさも感じる、そんな老舗のカレーであった。