【五臓六腑 本店】

 夜の広島の街をうろうろしている。延々うろうろとしすぎて、客引きのおっちゃんに「何をお探し? 夕方からずっと何か探してるみたいだけど」などと声をかけられた。

 カマをかけているのであろうか、と最初は思った。しかしながら、確かに夕方くらいからずっとうろうろしていることは事実である。

 うるせぇ、何も探しちゃいねぇ、こちとら不審徘徊が趣味なんだ―――と心の中で思いながら、おっちゃんのことは無視して歩き去り、その通りにはもう足を向けぬことにした。

 とはいえそろそろ夕飯が欲しくなる時間でもある。和食や魚介が欲しかったので、「五臓六腑」という居酒屋に入ってみた。

貝をコンロで焼いて食べられる居酒屋

【五臓六腑 本店】

 席にはコンロがある。こいつで、貝などを焼いて食べられるお店のようだ。

【五臓六腑 本店】ビールとお通し

 ビール。それからお通しの、白身魚とナスの串揚げ。これは当たりのお通し。白身魚もナスも、油をほどよく吸って旨し。

【五臓六腑 本店】サザエとハマグリ

 焼き貝用の、サザエとハマグリ。

【五臓六腑 本店】サザエ、ハマグリとコンロ

 コンロに乗せて焼いていく。

【五臓六腑 本店】焼けてきたハマグリとサザエ

 サザエは中のタレが沸騰したらできあがりとのこと―――これでいいだろう。ハマグリはこの状態から一度ひっくり返しもう一度焼く。加熱が不完全だと貝柱が取れないので、じっくりしっかりと。

 お味はどちらもさすがに旨い。海の香りや貝独自のクセが、クリーミーさの中に溶けてなんともいえない味わいを作っている。

【五臓六腑 本店】あん肝ポン酢

 貝を焼いている間に届いたのはあん肝ポン酢。置いてあったら食べてしまう、あん肝。海のチーズといった味わい。

【五臓六腑 本店】なめこの天ぷら

 なめこの天ぷら。これは特においしかった。なめこというとぬるぬるなイメージだが、天ぷらにすることで表面はサクサク、中身はとろとろクリーミーに。

【五臓六腑 本店】焼き牡蠣

 最後は焼き牡蠣。これは焼かれたものが届いた。飾らないそのままの牡蠣の味、香りをダイレクトに堪能。

 心身がほどよく満たされたところでお会計。好みの珍味が味わえる、いいお店であった。