【餃子大将】リーズナブルにお腹いっぱいになれる周南の台湾料理屋。

 周南市横浜町の「餃子大将」に晩飯を食べにゆく。別に餃子の王将の親戚ではない。名前が似ているほかは特別関係のない中華・台湾料理屋さんである。

 以前はしばしば行っていた店だ。久々の訪問となる。

しっかり濃厚、けれども素朴な味わい

【餃子大将】リーズナブルにお腹いっぱいになれる周南の台湾料理屋。

 小綺麗な店内には、中国語の歌が流れている。特徴的なのは、その流れている曲が、何度も何度もリピートされ、ひたすら繰り返し流れ続けることだ。

 1時間いようが2時間いようが、流れる曲はずっと同じである。ある日訪れると、以前とは曲が変わっていることもあるが、それでもやはりその変わった曲が延々流れる。

 さて何を食べよう。似たような台湾料理屋の例に漏れず、メニューは豊富で、セットの組み合わせもたくさんある。

 エビマヨと、餃子のセット定食にした。餃子は野菜餃子、ニンニク餃子、豚肉餃子などいくつかの種類から選ぶことができるので、自分が好きなニンニク餃子を選んだ。¥100プラスとなるが、ご飯を大盛りにもする。それとビール、生中。

【餃子大将】ビールと枝豆

 ビールは麒麟一番搾り。生中は¥400と、それほど高くはないのに、枝豆がついてくる。これが嬉しい。

 ビールをぐびりぐびり、枝豆をポクポクとやりながら料理を待つ。やがて、まずはエビマヨが届いた。

【餃子大将】エビマヨ

 エビマヨだけではなく、付け合わせのサラダや中華スープもなかなかのボリュームである。

 エビマヨは私がこの店で一番好きな料理だ。しっかりとした衣をつけあげられたエビが、たっぷりの濃厚なマヨネーズソースに染め上げられている。

 やがて餃子も来る。

【餃子大将】ニンニク餃子

 ニンニク餃子。ニンニクのしっかりした風味と野菜や肉の旨み、甘み。テーブルにはもちろんタレの類はあるが、基本何もつけずに食べる。ちょっと物足りないようなら、ラー油だけつける。

 料理はどれも、しっかり濃厚な味わいであってもどぎつくはない。化学調味料の類は控えめにしているのだと思う。食材そのものが持つ味やうまさを楽しめる。

 完食しお腹いっぱい。これでざっと¥1500。お値段以上の満足感。

 いい晩酌兼夕食だった。また来よう。